最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットA

« CLEVO D40ESの修理 ~電源が入らない。その原因は・・・後編~ | トップページ | 修理事例:USBポート不良 »

DELL LATITUDE D800 液晶の外枠が外せない!

画面が真っ暗でうっすら映っている状態のDELL LATITUDE D800。他社で見てもらったら、液晶の外枠を外せず、少しだけ外せたところから確認してもらった結果、インバーターの可能性が高いとの事。・・・そんな超能力でもあるまいし、外枠を外せないと診断は出来ません!

「他社で外せなかった。」という状況を聞いただけで俄然やる気が出ます。「絶対外してみせる!」と思ってしまう性分なので・・・。

Latituded8001 このパソコンは液晶のベゼルの部分が幅広で確かに外し難いタイプではありました。ベゼルは内側から液晶とベゼルの間に指の爪を掛けて持ち上げる様にして、奥の方(脇の辺り)にあるはめ込み部分の爪を外しますが、枠の部分が柔らかいとか幅広だと、枠がしなってしまい、奥にある爪を外す力が伝わらない事があります。今回のLATITUDE D800はいままで経験した中で一番外し難いパソコンかも知れません。

Latituded8002 先ず、左横下部が外れました。ここを足がかりに左横上か底面部を外して行くのですが、いくら持ち上げても外れません。余り持ち上げすぎると枠を破損してしまうので、無理に持ち上げる訳にも行かず、30分ほど悪戦苦闘し、まず底部を内側から特殊工具(へら)を入れて外す事に成功(真似はしないで下さい。液晶が割れても責任は持てません)。左横下部と底部が外れたので、後は簡単に外れるかと思いましたが、中々手強いです。ここで特殊技(へらを接合部にはさみ、内側を持ち上げる)を駆使して、なんとかベゼル(枠)を外す事に成功しました。実に1時間半も掛かってしまった。

Latituded8005 外枠が外せれば、後は診断して不良部品を交換する作業となります。診断の結果はバックライト不良でした。インバーターは・・・・・・・問題なし。液晶を取り外し、バックライトを交換して元通りに組み立てて修理完了。他社で液晶の外枠が外せない場合でもうち(当店)なら外せるかも知れません。coldsweats01

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« CLEVO D40ESの修理 ~電源が入らない。その原因は・・・後編~ | トップページ | 修理事例:USBポート不良 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/41646894

この記事へのトラックバック一覧です: DELL LATITUDE D800 液晶の外枠が外せない!:

« CLEVO D40ESの修理 ~電源が入らない。その原因は・・・後編~ | トップページ | 修理事例:USBポート不良 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

twitter