最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットA

« レッツノートのバックライト交換 | トップページ | CLEVO D40ESの修理 ~電源が入らない。その原因は・・・前編~ »

ヒートシンクはどこへ?

電源が入らないと持ち込まれたデスクトップPC。

診断の為にモニタ、キーボード、マウスを接続、電源ケーブルも繋いでスイッチON。

確かに沈黙したままだ。

電源コードを外して筐体を開けてみる。おや?チップセットヒートシンクが無い。
ヒートシンクを固定する為のクリップを引っ掛ける金具がチップセットの周囲に取り付けられているので、本来はヒートシンクが付いている筈である。しかし良く見ると金具も1個無くなっている。

ははぁ、クリップのテンションに負けて金具が取れてしまい、ヒートシンクが脱落したんだな。

そう思って筐体内を見回す。外れた金具は筐体内に落ちていた。が、ヒートシンクはどこにも無い。???

チップセットヒートシンクはアルミ製で1辺3cm程度の立方体形状をしている。

PCの筐体内のどこかに隠れてしまう程小さくはないし、ましてこのPCはスリムタイプで筐体内に空間は殆ど無い。

ということは外れた後に筐体から取り出されたということだ。

でも、お客様が取り出したのであれば普通は修理に持ち込む際に一緒に持ってくる筈だ。
「こんなものが外れていたんですが・・・」とでも言いながら差し出すのが普通だろう。

しかし、このPCが持ち込まれた際にはそんな事は全く聞いていないし、ヒートシンクも渡されなかった。一体いつの時点で外れたのか?

お客様なら何か知っているかも知れない。持ち込み時にこの事を伝え忘れたということも考えられる。

先ずは電話してみようと受話器を取った。

「お預かりしたパソコンですが、チップセットのヒートシンクが無くなっています。」
「あぁ、そうですか・・・」
続けて「何かお心当たりは」と言いかけた矢先、「で、直りますか?」
「修理にはマザーボードを交換する必要があります。」
今度こそヒートシンクの事を聞こうと思ったら「で、金額はどの位掛かりますか?」
「金額につきましては確認が必要です。」お客様はヒートシンクがどうなったのか知っている様でもあり、知らない様でもありといった様子だが、どちらにしてもその事に興味がなさそうだ。
「じゃあ調べてもらって、金額を出して下さい。」もう完全に聞くタイミングを外している。

お客様は忙しい様だったので、ヒートシンクの事はまた日を改めて聞いてみる事にして電話を切った。ヒートシンクが外れたタイミングと故障のタイミングが一致していたのかどうかも分からないままである。

考えられる故障の状況は概略以下の2通りだろう。

1.元々ヒートシンクが外れたパソコンを入手して使っていたが、熱でチップセットが壊れて電源が入らなくなった。

2.使用中にヒートシンクが外れ、放熱不良でチップセットが壊れて電源が入らなくなった。内部を確認しようと筐体を開けたらヒートシンクが外れていたので取り出したが、修理持込の際は忘れてしまっていた。

どちらにしても、もうパソコンは壊れてしまっているのでマザーボードを調達しなければならない。
取り敢えずヒートシンクの行方は考えない事にした。

幸いにもマザーボードはすぐに見つかり、お客様に見積額を連絡すると「修理をお願いします」とのこと。すかさずヒートシンクの事を切り出そうとした瞬間、「いつ頃完了しますか?」
喉迄出掛かった「ヒートシンク」を飲み込んで答える。「マザーボードの納期は4日位です。届き次第修理して完了後にご連絡致します。」 「では宜しくお願いします。」 「かしこまりました。」さあ最後のチャンスだ。「ヒートシンク」の「ヒー」を言いかけたところで、「そうそう、電源コードが無いので、それも用意してもらって合計金額を出して下さい。出来上がったら連絡を貰えますか?」「かしこまりました。」またまた聞けずじまいである。ヒートシンクはどこへ行ったのか?

いまさら判明したところでどうなるものでも無いが、気になって仕方が無い。このブログを読み始めてしまったあなたもそう感じているはずだ。いや、きっとそうに違いない。

その数日後マザーボードが届き、大いなる疑問を抱えたまま修理が完了。3度目の電話である。

「お待たせ致しました。パソコンの修理が完了しました。」 「料金はいくらですか?」金額について答えようとした途端、「そうだ振込先の口座も教えて貰わいといけないから、金額と併せてFAXで連絡して下さい。」 「かしこまりました。発送のご連絡もFAXが宜しいでしょうか?」 「そうして下さい。では宜しくお願いします。」  電話が切れた事を知らせる信号音が虚しく響く。

その後、金額と振込先銀行口座をFAXで連絡。入金確認後の発送の連絡もFAX。お客様と話をする機会は無くなってしまった。

ヒートシンクの行方は謎のままである・・・

by Kty

« レッツノートのバックライト交換 | トップページ | CLEVO D40ESの修理 ~電源が入らない。その原因は・・・前編~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/41481879

この記事へのトラックバック一覧です: ヒートシンクはどこへ?:

« レッツノートのバックライト交換 | トップページ | CLEVO D40ESの修理 ~電源が入らない。その原因は・・・前編~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

twitter