最近のトラックバック

« 修理事例:光学ドライブ(DVDマルチドライブ) | トップページ | ある出来事。 »

Let's Note CF-T1 電源が入らない

ACアダプターを挿しても給電しない」という事で持ち込まれたCF-T1。先ずACアダプターの出力電圧からチェックを始める。アダプターの出力は問題ないので、パソコンを分解しDCジャックを取り出して見る。(このパソコンのDCジャックは独立していてマザーボードとはケーブルの先に付いたコネクタで接続されている。)取り出したDCジャックは特に壊れている様子は無く、ACアダプターを接続しコネクタ部分で電圧を測定すると正常に出ている。断線もしていない様だ。次にマザーボード側のチェックを行う。

Letsnote_cft11

外して見ると驚いた事にマザーボード上をやたらとブルーのジャンパー線が走り回っている。(後でお客様に聞いて判った事だが、一度メーカーに修理に出しているので、その時に改造されたらしい)一通りチェックした結果マザーボード若しくはCPUに不良原因があると判明。CPUはソケットが無く基板に直付けなので、これ以上の切り分けは出来ない。

マザーボードを探して見ると、修理対象のCF-T1RCAXRは無かったが、仕様が殆ど変わらないCF-T1RWA2Sが見つかった。しかもかなり安い。修理の見積りを作成後、お客様に連絡をする。

「・・・お預かりしたパソコンの診断結果についてご連絡します。診断の結果、マザーボード不良でした。」

「DCジャックとかでは無いんですか?・・・そうですか。マザーボードの交換となると、修理代もかなりかかりますよね?」

「お見積りですが、お預かりしたパソコンと全く同一ではありませんが、殆ど同じ仕様のマザーボードが安く入手できそうなので、修理代金は・・・・・です。」

「それぐらいで済むなら修理をお願いします。」

Letsnote_cft12

お客様の承諾を得て、マザーボードを入手して交換実施。仕様が殆ど同じ(というか仕様書を見比べても違いが判らない)ものだったので、マザーボードが変わった以外は元の状態のまま使用可能となった。

交換後、基本的な機能が全部動くことを確認して作業完了。

Letsnote_cft13

パソコン引渡し時に「修理依頼前にやたらとハードディスクがガチャガチャいっていたのも静かになった」とお客様にも満足して頂いた。(ハードディスクの音については、以前の状態が不明なのでコメントせず。)

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« 修理事例:光学ドライブ(DVDマルチドライブ) | トップページ | ある出来事。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/41743609

この記事へのトラックバック一覧です: Let's Note CF-T1 電源が入らない:

« 修理事例:光学ドライブ(DVDマルチドライブ) | トップページ | ある出来事。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットC
  • ウィジェットB
  • ウィジェットA