最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットA

« Let's Note CF-T1 電源が入らない | トップページ | 修理事例:レッツノートのバックライト不良 »

ある出来事。

最近の事です。SONYのVAIO VGN-TZ50Bの液晶パネルのひび割れ修理を依頼されたのですが、通常液晶交換の見積りは以前に交換実績が無い場合は、パソコンを預かって液晶パネル部分を分解して、使用されている液晶の型番を確認し仕入先に価格と納期を問い合わせて見ないと正確な修理料金は出てきません。VGN-TZ50Bの液晶はLEDバックライトを使用した液晶で、中古市場には殆ど出回っていないものなので、新品の液晶手配となります。

今回は依頼を受ける前の問い合わせ時点で、パソコンの型番から見積りを出して欲しいという話だったので、仕入先に取り合えず聞いて見たところ、液晶の型番と価格がメールで帰ってきたので、それを元に見積りを作成しお客様に回答した結果、修理を依頼されました。パソコンが届き、液晶も届いたので、早速交換作業に掛かったんですが・・・、なんとコネクターの位置が5cmくらい違っていてとても届きません。液晶の型番を見ると元々ついていたのが「 LTD111EWAX」で交換用に届いたのが、「LTD111EXCK」でした。

Ltd111ewax Ltd111exck

どうやら、仕入先で液晶の型番を取り違えたという事らしいです。すぐに事情を知らせたところ、「液晶を手配する事は可能ですが、納期は2-3週間で価格は1万円上がります。」という回答が来ました。う~ん。これは困りました。既に出した見積りから1万円も上がってしまう。もう修理は着手した状態だし、幾ら何でも1万円の差は修理代金の中で補いきれない。どうして、見た目はコネクターの位置が5cm違っているくらいの差しかないのにそんなに価格が違うのかと再度、仕入先に聞いてみると、「この液晶は、今現在海外のソニーサービスセンターにあるため、仮に注文した場合、海外(欧)~香港~日本という経路での入手になるためシッピングコストも掛かるし、元値も1万円の差がある。」という回答でした。

どんなに頑張っても4000円程度は見積りが上がってしまうとキャンセルされるのも覚悟しながら、お客様に事情を話しつつ、仕入先にもうちょっと安くならないかと交渉もしましたが、お客様も納得されないでしょうし、仕入先も通常は中古液晶を扱っているので、新品の手配となると通常よりコスト高になるため、期待ほど安くはできないと・・・。

こうなると、どこか別の仕入先を探し出すしか無いと、探し回りなんとか目当ての液晶を入手できるところを見つけ、見積りも元の金額内で収める事が出来ました。

これが、最近あった出来事です。sweat02

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« Let's Note CF-T1 電源が入らない | トップページ | 修理事例:レッツノートのバックライト不良 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/41805844

この記事へのトラックバック一覧です: ある出来事。:

« Let's Note CF-T1 電源が入らない | トップページ | 修理事例:レッツノートのバックライト不良 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

twitter