最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットA

« 修理事例:レッツノートのバックライト不良 | トップページ | ノートパソコンの電源接続不良の修理とは (Lavie LL730/5の組立解説付) »

ノートパソコンの液晶画面の修理とは

パソコンの修理について、ネット上に誤解を招きかねない記事が公開されているので修理屋の立場から、修理の概要について述べて見たいと思う。

今回は液晶画面の修理について、マザーボード側に原因がある場合を除いて記述する。

ノートパソコンの液晶画面の故障は大きく分けて「液晶画面の表示不良」と「液晶画面の破損」の2種類に分けられる。

液晶画面の表示不良は、画面表示系とバックライト系に分けられる。これは、CCFL(冷陰極管・バックライト)を使用した液晶パネルの画面映像と画面照明が別系統になっているためで(最近のLED液晶などは除く)、画面表示系が故障すると画面は明るいが、表示がおかしくなるのが一般的で、全体的に真っ白になったり、表示がずれる、線が入る、色がずれる、(ソラリゼーション的な)色むらが起きるなどの症状になる。表示不良の原因は液晶パネルそのものにあるかマザーボードから液晶パネルに表示情報を送っているLCDケーブルにある。故障箇所の切り分けは液晶パネルをテスト用のものと交換する事で確認できる。もっとも簡単な故障は、LCDケーブルをつないでいる液晶パネルのコネクター部分での接触不良で、場合によっては挿し直しだけで直る事もある。接触不良で無ければ、液晶パネルかLCDケーブルのどちらかの不良になる。

液晶パネルが不良の場合はパネルを交換するしかない。パネルそのものを修理するサービスを行っている会社もある様だが、修理代で中古の液晶パネルが購入できてしまうので、コスト的に考えても現実的では無い。

LCDケーブルの場合は、交換か補修になるが基本的には交換、部品が入手困難な場合は補修という選択になる。LCDケーブルもリード線が使われているものとフレキシブルケーブルが使用されているものがあり、フレキシブルケーブルについては補修は不可能なので交換となる。

バックライト系が故障すると画面が暗くなるが、映像は薄く表示されているという症状になる。画面が暗くなる原因はバックライト、インバーターまたはインバーター・ケーブルにある。故障箇所の切り分けは、インバーターにテスト用のバックライトを繋げて行う。点灯すればバックライトが不良、しなければインバーター若しくはインバーター・ケーブルの不良となる。インバーターの故障は、バックライトの劣化が原因で起きる可能性が高いため、インバーター若しくはインバーター・ケーブルの不良の場合でも、念のため不良液晶のバックライトをテスト用インバーターにつないでバックライトの異常もチェックする。インバーターとインバーター・ケーブルの切り分けは、先ずインバーターの単体での点灯テストを行い、テストで異常がなければ、インバーター・ケーブルの導通チェックを行う。

バックライトが不良の場合は、液晶パネルを分解してバックライトを交換する。バックライトは液晶パネルの内部にあり、液晶の下部または横部に位置し、液晶画面全体を照らして明るくするものだが、液晶パネルは1つの部品であり、その部品を構成する部品であるバックライトを交換する事になる。液晶パネル自体はバックライトを交換する前提で作られてはいない。また、メーカーやタイプで構造も異なっているので容易な作業ではない。

厳密に言えばバックライトを交換すると、色温度の違いで元の画面と発色が変わる可能性があるが、今まで画面の色が変わったというクレームがついた事は殆ど無い。

インバーターの場合、基本的には交換となるが、部品の入手は機種の新旧より市場に出ているか否かで左右される。入手先は、パソコンメーカーの代理店からとネット市場の両方を使い分ける。部品を供給していないメーカーのインバーターはパソコンを分解し、使用されているインバーターのメーカーと型番でネット市場を検索し入手する。インバーターも汎用のものが結構使われており、入手まで時間が掛かる場合はあるが、入手できないものは意外と少ない。これまで扱った中では届くまで3週間掛かったのが入手できた部品では最長期間となる。補修で直したケースも何例かある。

インバーター・ケーブルも基本的には部品交換となる。LCDケーブルと一体になっている場合が多いので、LCDケーブルごとの交換になる。入手困難な場合は補修する場合もあるがフレキシブルケーブルの場合は、補修不可能なので交換となる。

次に液晶画面の破損、つまり液晶が割れた場合についてだが、大きく割れても軽妙なひびが入っただけでも液晶が割れた場合は交換するしかない。ガラスにひびが入っただけなら、テープで補修という事もあるかもしれないが、液晶が漏れ出している状態なので、補修は不可能である。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« 修理事例:レッツノートのバックライト不良 | トップページ | ノートパソコンの電源接続不良の修理とは (Lavie LL730/5の組立解説付) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ディスプレイの不具合で検索し、ここまで辿り着きました。
他にいくつも記事を読みましたが、こちらの記事がすこぶる分かりやすかったです。

DELL製のディスプレイを使用しているのですが、しばらくは問題なく使えて、しばらく経つと、画面の一部が暗くなり、そのうち真っ暗になってしまう、という現象にあってしまっています。

パソコン・PS3・MBAの3つで接続してみましたし、HDMI端子も3つ交換して試してみました。そのいずれでも同じ問題が起きるので、ディスプレイの問題だと思っております。

インバーターケーブルの問題の可能性が高いでしょうか?
修理を依頼するといくらぐらいになりますでしょうか?

宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/41824420

この記事へのトラックバック一覧です: ノートパソコンの液晶画面の修理とは:

« 修理事例:レッツノートのバックライト不良 | トップページ | ノートパソコンの電源接続不良の修理とは (Lavie LL730/5の組立解説付) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

twitter