最近のトラックバック

« CMOS Check Sum Errorの原因とは・・・ -DELL Latitude X200,NEC Valuestar VL700/Cで遭遇した例- | トップページ | マザーボード不良によるトラブル例 »

パソコントラブルの予防

気が付けばもう3月に入っている。ブログの最終更新日が1/31なので2月は1件も投稿していなかった。「最近サボっているんじゃないか?」と言われそうなので、久々に投稿する事にしました。当店のお客様で「貴店のブログは非常に参考になる。」とメールでコメントを寄せる方もいるので、少しは期待に答えなければ・・・。

当店に持ち込まれるパソコンのトラブルで、結構多いのが「つい、うっかり」が原因のものです。(つい、うっかり)ぶつけた。落とした。何かをはさんだ。蹴った。ワインをかけた。水をかけた。・・・などなど。先日持ち込まれたLet'Note CF-W5は、2-30cmの高さから落としてしまい液晶にひびが入ってしまった。「丈夫だと思っていたので、ショックです。」とお客様は仰っていましたが、いくら外側は丈夫でも液晶は薄いガラスなので、簡単に割れてしまいます。「つい、うっかり」が原因のものは、「気を付ける」しか予防方法はないのでは?

次に経年変化によるトラブルについて、時間が経つと劣化していく部品としては「液晶のバックライト」「ハードディスク」「光学ドライブ」「電源ジャック」「CPU冷却ファン」などが挙げられます。バックライトは蛍光灯なので、経年で劣化するのは、特に説明しなくても理解できると思います。ハードディスクや光学ドライブはモーターで回転させているので磨耗部分があります。特にハードディスクは、使用中は回転しっぱなしなので、モーターが劣化します。(以前調べた情報では耐久年数は4-5年程度との事でした。)たまに電車の中で、ノートパソコンを膝に乗せて使っている方を見かけますが、ハードディスクのデータを読み出すヘッドはディスクの上に数ミクロンの距離でディスクの回転で起きる空気圧で浮いています。このヘッドとディスク表面が接触すれば・・・「CRASH(クラッシュ)!!」という事になります。振動の激しいところで、パソコンを使うのは避けましょう。

ハードディスクのモーターが劣化してくると、データの読み書きに時間が掛かる様になり、パソコン全体の動きが遅くなります。異音が発生し始めたら、壊れるのは間近です。耐久年数が4-5年だからと安心してはいけません。1年程度で壊れてしまった例もあります。大事なデータはCDやDVDにバックアップを取りましょう。昨日まで動いていたパソコンが今日は動かないという事もよくあります。

データのバックアップも大切ですが、パソコンを再セットアップする「リカバリー」情報がハードディスク内に入っているパソコンは、ハードディスクが壊れたらリカバリーが不可能になりますので、リカバリーCDやリカバリーDVDを作成するのも忘れずに行って下さい。当店の修理でもハードディスクが壊れてリカバリーCD(DVD)が無い場合は復旧させるのが大変です。特にThinkPADは、パソコン本体に貼ってあるプロダクトキーを使用してWindowsをインストールしてもマイクロソフトの認証が通らない場合があります。(ライセンス的には問題は無いとサポートに確認済み)メーカーからリカバリーCDが購入できる場合もありますが、全てのリカバリーCDが購入できる訳では無いので、リカバリーCD(DVD)作成はトラブル予防の一環と考えて下さい。

電源ジャックの経年変化とは何か?というと、以前「ノートパソコンの電源接続不良の修理とは (Lavie LL730/5の組立解説付)」で記述しましたが、ACアダプターのプラグの抜き差しが繰り返される事によって半田付けされている端子の半田部分にクラックが入ると半田が溶けてしまう事態が起きます。予防措置としては、ACアダプターのプラグはなるべく抜き差ししない事とプラグを抜く時は、パソコンの電源を落として後しばらく放置してからにして下さい。

パソコンのCPUは発熱するので、CPU冷却ファンで排熱する事により内部の温度を下げています。CPUの能力が高性能になるほど、発熱量が高くなり充分に冷却できないと、CPUが壊れてしまう事があります。また、最近はグラフィック用のチップも高性能なものが取り付けられており、CPU同様かなり発熱する様になっています。CPUについては保護回路がついているので、内部温度がCPUの耐熱温度より上昇しそうな場合、自動的にCPUの動作クロックを遅くしたり、パソコンの電源を落としたりしますが、グラフィックチップの耐熱温度がCPUの耐熱温度より低い場合に内部温度の上昇により、グラフィックチップが壊れる事があります。前日修理したHP Pavillion dv2000はVGAモードでは正常で、WXGAモードになると表示が異常になるという症状で、グラフィックチップが壊れていた状態でした。

排熱が正常に行われないとCPU冷却ファンが常に高速で回転し続ける状態になります。排熱不良の原因はCPU冷却ファン自体の不良もありますが、排熱口にほこりが詰まり、内部の温度が下がらないケースもあります。CPU冷却ファンの回転数をチェックしていて、回転不良の場合は「CPUファンが正常に作動していません」というエラーを表示するパソコンもありますが、最近の低価格パソコンの一部ではファンエラーのチェックを行っていないものもある様です。

CPUファンの故障は、ファンの軸受けの磨耗もありますが、軸受け部への埃の付着によって摩擦が起こり、異音がしたり酷い時には回転しなくなります。CPUファンが正常でも排気口(正しくは排気口手前の冷却フィン)にホコリがフェルト状に溜まると、空気の流れを遮断してしまい内部の温度が上昇してしまいます。吸気口にフィルタが付けてあれば、状況も違ってくると思いますが、エアコンと違いパソコンにはフィルタが付けられていないので、中に溜まったホコリは分解して掃除するしかありません。外部から掃除機で吸っても冷却フィンに邪魔されて吸い出すのは困難です。逆にエアーダスターで噴いてもCPUファンにホコリを押し込むだけですので、余り効果はありません。

排熱不良はグラフィックチップの他メモリーコントローラなどのチップセットといったマザーボードの故障を引き起こします。予防としては、CPUファンが常に回転している様な状態の場合は、早目にご相談下さい。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« CMOS Check Sum Errorの原因とは・・・ -DELL Latitude X200,NEC Valuestar VL700/Cで遭遇した例- | トップページ | マザーボード不良によるトラブル例 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/44280626

この記事へのトラックバック一覧です: パソコントラブルの予防:

» エアコンの修理?買い替え? [エアコンの修理やフィルタ洗浄、取り付けは電気屋にお任せ!]
エアコンは近くの電気屋ね。の記事に、以前、私のエアコンが壊れたことを書いたですが、そう言えば少しそのお話もしようと思います。というか、私が引越ししてきたばかりの時です。エアコンのリモコンの電源を押しても押しても、エアコンが反応しなかったので、「あ~、電池ね。」と思って、すぐに電池を買いに行って、リモコンの電池を交換しました。ポチッ!おぉ~。良かった電源点いた。と思って、数分経っても、�... [続きを読む]

« CMOS Check Sum Errorの原因とは・・・ -DELL Latitude X200,NEC Valuestar VL700/Cで遭遇した例- | トップページ | マザーボード不良によるトラブル例 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットC
  • ウィジェットB
  • ウィジェットA