最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットA

« パソコンの冷却とCO2排出量の関係について | トップページ | ACアダプターの抜き差しを繰り返し行ったため(?)に電源ジャックの接触が悪くなった。(NEC Lavie LL500/6 詳細な組み立て解説付き) »

修理事例:自作デスクトップPCのマザーボード不良とAcer ASPIRE M5201のCPU不良 

1例目は「起動途中にフリーズする。」症状で修理を依頼された。ASUSのP7P55Dを使用した自作デスクトップPC。

起動中にフリーズするとの事だが、状況を確認するとCPUの情報を表示するところで止まっている。

画面上のメッセージからCPUの情報の読み出し中にフリーズしている状態と思われたがBIOSはPOSTが完了しており、フリーズ状態でも「CTRL」+「ALT」+「DEL」によるリスタートは可能である事、電源ボタンの長押しで電源が切れる事からBIOSは動いていると判断出来た。CPU不良も疑える状況だったが、POSTが完了しているので完全に壊れているとも判断できずメモリーも疑ったが、1枚ずつ外しても症状が変わらず2枚同時に壊れる可能性は低いと考えた

BIOS設定値が壊れている可能性を考え、C-MOSクリアを実施したが、変わらず。マザーボード上の恐らくEEPROM(BIOSが入っている記憶素子)と思われる部品がソケットに収まっているところが、若干浮いている様に思われ、気になったので一旦取り外し、再度取り付けて見たところ、起動中に今まで停止していたところを通過し、CPUの情報やIOデバイスの情報を表示したので、F1キーを押してBIOSに入る事が出来た。日時の修正を行い、BIOSを抜けWindowsが起動したが再起動する様にWindowsから要求されたので、再起動したところ起動中にBIOS設定値の警告が表示されたので、再度BIOSに入りデフォルト値をロードしBIOSを終了させたところ、起動中に元の状態に戻ってしまった。

その後、EEPROMのソケットの一部が足を挟むところがスカスカの状態だったので、若干足を太くして接触の改善を行って見たが、結果は変わらずフリーズ状態のままになった。接触だけの問題では無い様だ。その他の症状として起動中にDRAMのチェックランプが点灯した時点でハングアップする事も頻繁に起きており、メインスイッチを切ってから再度電源を入れると一度では画面が表示されるところまで行かず、必ずDRAMのチェック時点で止まる。電源を一旦切って再度入れると画面表示までの起動プロセスが動く。

総合的に判断するとWindowsをブートデバイス(HDDなど)から起動するまでの動作はBIOSが管理しているので、BIOSの動きが異常であるのが原因で、BIOSが正しくEEPROMから読み出しできないか、EEPROM自体が不良かのどちらかである。BIOSが正しく読めた時はパソコンは正常に起動する事が確認できたので、CPU、メモリー、などに問題は無い事は分かったが、マザーボードとEEPROMのどちらが不良であるかを検証するにはEEPROMを入手する必要があり、当方で、EEPROMのみの入手は難しいので、購入店に相談して見てはどうかとお客様に勧めて見たが、結局マザーボード交換を依頼されたので、新品のマザーボードを入手して交換し、修理完了となった。

2例目は「ネット使用中に電源が落ち、その後電源は入るが起動しなくなった。」症状で修理を依頼された。Acer ASPIRE M5201(デスクトップ)

こちらは電源を入れるとAcerのロゴ画面が表示されフリーズ状態になる。BIOSの設定画面にも入れない。パソコン内部を見て見るとCPUクーラーのヒートシンクに埃が堆積していた。このため、十分に冷却できなかった可能性が有り、ネット使用中電源が落ちたのは、CPU保護回路が働いたものと判断できた。

C-MOSクリアを実施して見たが変わらず。CPUクーラーを取り外してヒートシンクに詰まった埃を取り除き、CPUのグリスを塗り直して、取り付け直して見たら起動したので、BIOSの設定画面に入り、時刻と日付の設定をしている最中に画面が青一色になってフリーズしてしまった。電源を入れ直すと元の状態に戻ってしまっていた。ネット使用中にCPU保護回路が働き電源は落ちたが特にAMDのCPUは発熱が高いので、CPUもダメージを受けた可能性が高い。

CPUを交換する事にした。実機に搭載している同じCPU(AD04200IAA5D0)は入手困難なだったため、規格が同じCPUを入手して交換実施。どちらもAMD Athlon64X2 4200+ クロック2.2GHz 2次キャッシュ 512kX2。交換後正常に起動する事を確認。

今回の2例はマザーボード不良とCPU不良のケースで、症状的には似通っておりマザーボードかCPUのどちらが不良なのかは、通常はCPUを替えて見ないと判らない。また、他の部品が不良である可能性もあるが、双方ともたまたま一度だけ起動したのと故障時の状況から不良部品を予測した。

大分涼しくなってきましたが暑さ対策キャンペーン中です。9月末まで。

記事:ダイヒョー

 キャンペーン詳細はこちら→Hot_pc2_2

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« パソコンの冷却とCO2排出量の関係について | トップページ | ACアダプターの抜き差しを繰り返し行ったため(?)に電源ジャックの接触が悪くなった。(NEC Lavie LL500/6 詳細な組み立て解説付き) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/49505229

この記事へのトラックバック一覧です: 修理事例:自作デスクトップPCのマザーボード不良とAcer ASPIRE M5201のCPU不良 :

« パソコンの冷却とCO2排出量の関係について | トップページ | ACアダプターの抜き差しを繰り返し行ったため(?)に電源ジャックの接触が悪くなった。(NEC Lavie LL500/6 詳細な組み立て解説付き) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

twitter