最近のトラックバック

« 実験2「ノートパソコンのキートップは補修できるのか?」の補足記事 | トップページ | パソコン修理 「部品先行手配と修理期間の短縮」 »

液晶パネルの交換 最近の傾向について

液晶が割れている(またはひび割れている)状態とは、「液晶画面にスジが入り表示にシミのようなものが現れその部分が見えない。画面を押さえるとシミの範囲が広がる。」とか「画面全体に大きな亀裂が走り、内部で液のような物が漏れている。画面は液漏れしている部分が黒くなって映らない。」とか「液晶パネルの部分割れで半分は見えている。画面半分ほどが白と黒などでつぶれ、表示できなくなった。」という様に表現される状態です。

割れた液晶パネルは、交換するしか修復方法はありませんが、基本的にはパソコンに装着してある液晶パネルと全く同じ型番のもの(或いは互換性が確認できているもの)と交換します。同じメーカー、同じ解像度、同じコネクター、型番も殆ど同じで枝番がちょっと違う液晶と交換した場合、LCDケーブルから煙が出る可能性があります。(経験上2回あります。特にDELLは危ない。)液晶の互換性は液晶サプライヤーはかなりの情報を掴んでいますが、それでも「他社で一度頼んでみたところ、同じ型番液晶の互換性ありと言われているものが送られてきましたが、ピン数が違いました。」という事があります。同じパソコンでもロットに依って使用されている液晶が変わり、メーカー、機種によっては驚いた事にコネクターのピンアサインが異なっている場合もあります。(つまりマザーボードの映像信号の出力ピンアサインが異なっている。)

「中古でもいいので出来るだけ安く修理がしたいです。」「パネルは純正品でなくてもかまいません。」というお問い合わせを頂くことがありますが、最近のパソコンはパソコン自体の価格が安くなっている事からわかるように液晶も安くなっています。発売からそれ程経っていないパソコンの場合、中古部品も早々入手できる訳ではありません。また、新品液晶がここ数年でかなり安くなってきているので、中古液晶との価格差も殆ど無くなってきており、中古液晶でも液晶サプライヤーから仕入れる場合はそれ程安くはなりません。

また、入手が困難な液晶も多々あります。お問い合わせを頂いた中でも「他店ではこの液晶の在庫、納入予定がないとのことでした。」という内容も少なからずあります。この状況は、当店も同じですが幸いな事にこれまでパソコンお預かり後に液晶が入手不可能で返却した事は一度もありません。(入手するまで時間がかかってしまう事はありますが・・・。)
液晶メーカーがパソコンメーカー向けに製造し、液晶サプライヤーには販売しないものや液晶サプライヤーの判断で購入しないもの(日本のパソコン市場は特異性があり、日本向けにしか販売されていない機種もあり、そういう機種の液晶は扱いが無いか少ない。)また、元々製造数が少ない特殊な液晶(解像度が高いなど)も流通量が少なくなってきている様です。

流通量が少ない液晶は、一部の取扱い店が価格を高目に設定しています。(まさに「足元を見た」商売をしているなぁと思うこともあります。)

・東芝製パソコンの13.3インチ以下の液晶。
・SONY VAIO LEDバックライト液晶 
・12.1インチ、13.3インチのWXGA、LEDバックライト液晶
・WXGA+、WUXGA、液晶

旧型機の液晶も高額となっています。例えば15インチのXGA液晶などが主流の頃はパソコンも液晶も高額だったので、現在液晶サプライヤーにストックされているものは高いままです。恐らく、最近のパソコンに使用されている液晶に合わせて価格を下げると仕入れ価格を割り込んでしまうのでしょう。古いパソコンの場合は、中古の液晶部品を使用しないと部品代が最近のパソコンの液晶より高くなってしまいます。

・15インチXGAなど横長では無い液晶

前述しましたが、パソコンの価格が安くなっているので最近は修理代が中古パソコンの購入価格と比較される事が多いのですが、確かにハードウェアの価格で比較する場合は、「中古パソコンが買える!」という事になりますが、パソコンはハードウェアだけでは動きません。ソフトウェアとデータが必要です。中古パソコンに買い換えて、環境を再構築する手間を考えた場合、修理するのとどちらが楽でしょうか?

先日伺ったお客様の話ですが、「どういう使われ方をしていたか判らない中古パソコンに乗り換えるより、自分が今迄使ってきたパソコンを直した方が安心できる。」との事でした。一理あるのでは・・・?

記事:ダイヒョー

レッツノート格安修理キャンペーン実施中です。(2010年12月末まで)

 キャンペーン詳細はこちら→レッツノートの「画面が暗い」故障修理格安キャンペーン

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« 実験2「ノートパソコンのキートップは補修できるのか?」の補足記事 | トップページ | パソコン修理 「部品先行手配と修理期間の短縮」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/50262888

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶パネルの交換 最近の傾向について:

« 実験2「ノートパソコンのキートップは補修できるのか?」の補足記事 | トップページ | パソコン修理 「部品先行手配と修理期間の短縮」 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットC
  • ウィジェットB
  • ウィジェットA