最近のトラックバック

« 自分で入手した液晶を取り付けて、元に戻したところバックライトが点灯しなくなった。 (IBM・LENOVO ThinkPAD X201-3249) | トップページ | CPUファンを交換するために全分解しました。 (SONY VAIO VGN-SZ83S) »

「パソコンの修理をどこに出すか」を決める時の基準は何ですか?

「パソコンの修理をどこに出すか」を決める時の基準は何ですか?

品物を購入する時は、同じものを購入するならなるべく安いところを探すでしょう。だからと言って、まがい物を購入したり詐欺に遭うのはいやだから、ある程度信頼性は気にして、価格と評判などをネットで調べて比較検討するのが一般的だと思います。

パソコン修理の場合は品物を購入する訳では無いので、評判はともかく価格だけで判断するのは危険です。修理業者の立場でこういう発言をすると穿った見方をされるかも知れませんが、敢えてぼやかして頂きます。

当店も含め、パソコン修理業者は「修理技術」を提供して、対価を頂いていますので、修理代を安くするという事は「技術の安売り」を行うという事になります。パソコン修理という仕事は、誰でもができるというほど簡単な仕事ではありませんが、ちょっと手先が器用な人が参入して来ているのは事実です。あまりに多すぎて一体どこに頼んだら良いか判断に迷うという事はままあると思います。

各々の業者がどういった基準で料金を設定しているかはわかりませんが、私は技術の安売りはするべきでは無いと思います。何故なら技術の安売りはモチベーションの低下を招きどこかにそのしわ寄せが来ると考えます。だからと言って、修理代が高ければ安心してまかせられるという事でもありません。高くも無く、安すぎる事も無い、価格相応の技術を提供してくれるところが一番安心できるのではないでしょうか?

一つの事例として液晶が割れて修理依頼を受けたLet'sNote CF-W5を取り上げます。このパソコンに使用されている液晶パネルは東芝松下製のLTD121EDBPという型番のもので、液晶のベゼル(正面のカバー)部分も液晶の形に合わせて成型されているので、他の型番の液晶は取り付けられない様になっています。ところが今回のCF-W5は以前に他社で液晶交換修理を行った事があると事前に知らされていましたが、液晶部分を開いて見ると、別の型番の液晶が入っていました。同じ東芝松下製のLTM12C328Pですが、液晶の形状がベゼルの形状と合いません。プラスティックの突起が液晶を取り囲む様に上下左右に壁を作っているので、その壁の内側に収まらない液晶は取り付けられないのです。ところが、別の液晶が入っていた。良く見ると左右の壁が下から上まで全て削られていました。

Cfw51

Cfw52 

レッツノートの液晶部分は薄い液晶に強度を持たせるためにベゼルを構造化設計していますが、左右の壁が下から上まで無くなった状態になっていたため液晶部分の強度はかなり弱くなっていたと思われます。おまけにLCDケーブルなどの固定は黒のビニールテープでベタベタと貼り付けてありました。「液晶パネルが収まれば良い」というかなりいい加減な修理と言えます。今回液晶が割れて当店に修理に出されなければ発覚しなかったと思います。液晶ユニット内部がどうなっているかは、外から見ても分からないので・・・。

Cfw53

Cfw54

しかも今回当店に修理依頼された理由は、「修理代金が前に出したところより安い」という事です。でなければ、前に出されたところへまた再修理を依頼されていた筈ですから。当店より高い代金をとって、こんないい加減な修理をしているところがあるのは、同じ修理業者として情けない話です。純正品の中古液晶をベゼルごと交換しましたので、液晶部分についてはほぼ購入時の状態に戻ったと言えます。

Cfw55

もう一つの事例ですが、数ヶ月前にやはりレッツノートのCF-W4の「画面が暗い」症状で修理の依頼がありました。当店に修理依頼する前に秋葉原の修理業者で液晶パネルを交換したという事でしたが、交換した理由が画面が暗くなったので持ち込んだが、バックライトが交換できないので液晶交換になったという事でした。液晶を交換して直ぐにまた画面が暗くなったし、修理代も結構高くついたので別の修理店を探して来られたという事でした。まず、液晶が割れてもいないのに交換する事に驚きましたが、液晶ユニットの天板を外して液晶の裏面を見て更にびっくりしました。インバーターの収納ケースはばらけて斜めについており、液晶パネル裏面の緩衝材の位置はでたらめだし、意味も無くテープがベタベタ貼られていた。いくら見えないところでも余りに酷い。こんな修理で7万だったと聞いてさらにたまげました!故障箇所はバックライト切れだったので、交換して液晶裏側の緩衝材、インバーターケース、ケーブルの固定などを全て修正しました。

当店の修理は、高くはありませんが技術の安売りをする事はしていませんので、安過ぎる設定ではありません。リーズナブルな価格です。(チープではありません。)

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« 自分で入手した液晶を取り付けて、元に戻したところバックライトが点灯しなくなった。 (IBM・LENOVO ThinkPAD X201-3249) | トップページ | CPUファンを交換するために全分解しました。 (SONY VAIO VGN-SZ83S) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/50820935

この記事へのトラックバック一覧です: 「パソコンの修理をどこに出すか」を決める時の基準は何ですか?:

« 自分で入手した液晶を取り付けて、元に戻したところバックライトが点灯しなくなった。 (IBM・LENOVO ThinkPAD X201-3249) | トップページ | CPUファンを交換するために全分解しました。 (SONY VAIO VGN-SZ83S) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットC
  • ウィジェットB
  • ウィジェットA