最近のトラックバック

« ■一体型デスクトップパソコンの液晶割れ修理例(NEC PC-VN770WG6R、NEC PC-VN770AS6B-R、富士通 ESPRIMO FH56/DD | トップページ | ■メーカーに修理を拒否されたパソコンの修理事例(SONY VAIO VGN-E51B、富士通 FMV-BIBLO MG50E) »

■自作パソコンの故障事例(EPOX EX5、ASUS P7H55DMEVO、Faith BTO、MouseComputer BTO他)

こんにちは。今回は自作パソコンの故障事例を特集します。

●1例目
電源をONにしても、ファンが回るだけで起動しません。モニターには何も表示されません。(EPOX EX5 大阪府大阪市 2012年5月)

Epoxex51

診断の結果、マザーボード上のコンデンサが6個パンクしていました。主原因はこのコンデンサのパンクと思われ、コンデンサがパンクした原因は、埃詰りによる排熱不良でパソコン内部の温度が上昇したためと推測できます。CPUは保護回路により破損を免れた模様。念のため、電源のコンデンサもチェックしたがこちらはOK。その他の不具合点としてC-MOSバックアップ電池が0Vでした。

Epoxex52

マザーボードを取り出し、コンデンサの交換、C-MOSバックアップ電池の交換を実施後組み立てて電源を入れて見ましたが、ファンが回るだけで起動する様子が無い。

Epoxex53

切り分けのためCPU交換しても変わらず。再度パソコンを分解しチェックをやり直し、最終的な原因はC-MOSクリアのジャンパーがクリア側になっていた事でした。お客様が自己メンテナンス中に差し替えてそのままにしたと判明。ジャンパー部分の詳細の説明書も無く、まさかの結末でした。

Epoxex54


●2例目
家電量販店にて、パーツを全て指定して組上げてもらったデスクトップPC。CPUファンが回らなくなったので、同店舗にてファンを買い直し、付け替えを行ったがそのうち起動時に「CPUファンエラー」と必ず表示されるようになり、さらに1,2回ファンを買い直したが、改善されない。無視して半年ほど使い続けてたら内部から「きゅきゅきゅきゅきゅ」と連続音が聞こえだすようになった。おそらくCPUファンではないと思うが、どうにも特定できずにいたところ、電源ボタンを押下しても全く反応がなくなった。(ASUS P7H55DMEVO 東京都杉並区 2012年6月)



診断の結果、電源が入らない原因は、スイッチパネルのQコネクターが抜けていたためと判明。取り付けて電源が入る様になりました。「きゅきゅきゅきゅきゅ」という異音は、フロントに取り付けてある2個のケースファンのうち、下のファンから発生していると判明。

P7h55dmevo1

また、このファンは風がほとんど感じられず、ファン近辺は熱くなっている。ビデオボードとHDDの冷却用と思われるが、全く役に立っていないと思われる。ケースファンを新品と交換実施。同じ型番のファンと交換したのに風量が全く違ってかなり冷える様になりました。

P7h55dmevo2

フロントのフィルターに埃が詰まっていたので清掃しました。

P7h55dmevo3

CPUファンエラーも確認できましたが、ケースファン交換後は発生しておらず様子を見て頂く事に。

●3例目
落雷の影響か?起動するが、しばらく放置しておくとか、少し使用していると再起動してしまう。(Faith BTO 茨城県桜川市 2012年7月)


診断開始時は再起動は発生しないが、ファンの音が気になりました。CPUファン、電源ファンと確認したところ電源からの排気がかなり熱かったので、電源を分解して見たところファンのラベルが焦げており、電源内部のコンデンサが4個パンクしていたのを確認。

Faith1

Faith2

Faith3 

特殊な動物電源と呼ばれるもので、入手できなかったので修理する事にファンとコンデンサを交換。

Faith4

Faith5

Faith6


交換後の単体テストで問題なし。電源電圧もチェッカーで計測OK。パソコンに取り付けて正常に起動する事を確認。

Faith7

●4例目
ブルースクリーンになったので、再インストールしようとしたができず、HDDを交換しても再インストールできず。その内起動も出来なくなった。 (マウスコンピュータ BTO 茨城県桜川市 2012年7月)


Mousecomputer3

診断にてCPU交換しても変わらず、メモリー外してもエラーにならない(そこまでPOSTが進んでいない)、C-MOSクリアでも変わらず、電源をテスト用のものと交換したら起動できる様になった。電源不良と判明。電源(中古稼動品・Enhance ENP-2320 200W)を取り寄せて交換実施。

Mousecomputer1

電源が入りBIOS画面を確認。ハードディスクは空のものが搭載されていたので、BIOSまでの確認で終了。

Mousecomputer2


●5例目
自作PCで24時間稼働していたが、先日知らない間に電源断となっていた。その後電源SW投入するも、CPUファンが1秒程度回るだけで電源がすぐに落ちてしまう。電源ユニットを新品に交換してみたが症状は変わらず。BIOSまでたどりつかずです。(自作 東京都府中市 2012年7月)


診断の結果、CPUクーラーの埃詰り及び取り付け不良と判明。

Jisaku1207p51

電源が落ちたのは埃詰りの影響か、CPUクーラーが密着していなかったためにCPUの温度が上がり、保護回路が働いたためと思われます。

Jisaku1207p52

CPUクーラーの分解清掃。内部清掃。CPUグリス塗布。CPUクーラー取り付けなおし。作業後起動確認実施。

Jisaku1207p53


Jisaku1207p54



BIOS画面確認。OSが入っていなかったので、BIOSまでの確認で終了。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« ■一体型デスクトップパソコンの液晶割れ修理例(NEC PC-VN770WG6R、NEC PC-VN770AS6B-R、富士通 ESPRIMO FH56/DD | トップページ | ■メーカーに修理を拒否されたパソコンの修理事例(SONY VAIO VGN-E51B、富士通 FMV-BIBLO MG50E) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514365/55253353

この記事へのトラックバック一覧です: ■自作パソコンの故障事例(EPOX EX5、ASUS P7H55DMEVO、Faith BTO、MouseComputer BTO他):

« ■一体型デスクトップパソコンの液晶割れ修理例(NEC PC-VN770WG6R、NEC PC-VN770AS6B-R、富士通 ESPRIMO FH56/DD | トップページ | ■メーカーに修理を拒否されたパソコンの修理事例(SONY VAIO VGN-E51B、富士通 FMV-BIBLO MG50E) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットC
  • ウィジェットB
  • ウィジェットA