最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットA

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

■自作パソコンの故障事例(EPOX EX5、ASUS P7H55DMEVO、Faith BTO、MouseComputer BTO他)

こんにちは。今回は自作パソコンの故障事例を特集します。

●1例目
電源をONにしても、ファンが回るだけで起動しません。モニターには何も表示されません。(EPOX EX5 大阪府大阪市 2012年5月)

Epoxex51

診断の結果、マザーボード上のコンデンサが6個パンクしていました。主原因はこのコンデンサのパンクと思われ、コンデンサがパンクした原因は、埃詰りによる排熱不良でパソコン内部の温度が上昇したためと推測できます。CPUは保護回路により破損を免れた模様。念のため、電源のコンデンサもチェックしたがこちらはOK。その他の不具合点としてC-MOSバックアップ電池が0Vでした。

Epoxex52

マザーボードを取り出し、コンデンサの交換、C-MOSバックアップ電池の交換を実施後組み立てて電源を入れて見ましたが、ファンが回るだけで起動する様子が無い。

Epoxex53

切り分けのためCPU交換しても変わらず。再度パソコンを分解しチェックをやり直し、最終的な原因はC-MOSクリアのジャンパーがクリア側になっていた事でした。お客様が自己メンテナンス中に差し替えてそのままにしたと判明。ジャンパー部分の詳細の説明書も無く、まさかの結末でした。

Epoxex54


●2例目
家電量販店にて、パーツを全て指定して組上げてもらったデスクトップPC。CPUファンが回らなくなったので、同店舗にてファンを買い直し、付け替えを行ったがそのうち起動時に「CPUファンエラー」と必ず表示されるようになり、さらに1,2回ファンを買い直したが、改善されない。無視して半年ほど使い続けてたら内部から「きゅきゅきゅきゅきゅ」と連続音が聞こえだすようになった。おそらくCPUファンではないと思うが、どうにも特定できずにいたところ、電源ボタンを押下しても全く反応がなくなった。(ASUS P7H55DMEVO 東京都杉並区 2012年6月)



診断の結果、電源が入らない原因は、スイッチパネルのQコネクターが抜けていたためと判明。取り付けて電源が入る様になりました。「きゅきゅきゅきゅきゅ」という異音は、フロントに取り付けてある2個のケースファンのうち、下のファンから発生していると判明。

P7h55dmevo1

また、このファンは風がほとんど感じられず、ファン近辺は熱くなっている。ビデオボードとHDDの冷却用と思われるが、全く役に立っていないと思われる。ケースファンを新品と交換実施。同じ型番のファンと交換したのに風量が全く違ってかなり冷える様になりました。

P7h55dmevo2

フロントのフィルターに埃が詰まっていたので清掃しました。

P7h55dmevo3

CPUファンエラーも確認できましたが、ケースファン交換後は発生しておらず様子を見て頂く事に。

●3例目
落雷の影響か?起動するが、しばらく放置しておくとか、少し使用していると再起動してしまう。(Faith BTO 茨城県桜川市 2012年7月)


診断開始時は再起動は発生しないが、ファンの音が気になりました。CPUファン、電源ファンと確認したところ電源からの排気がかなり熱かったので、電源を分解して見たところファンのラベルが焦げており、電源内部のコンデンサが4個パンクしていたのを確認。

Faith1

Faith2

Faith3 

特殊な動物電源と呼ばれるもので、入手できなかったので修理する事にファンとコンデンサを交換。

Faith4

Faith5

Faith6


交換後の単体テストで問題なし。電源電圧もチェッカーで計測OK。パソコンに取り付けて正常に起動する事を確認。

Faith7

●4例目
ブルースクリーンになったので、再インストールしようとしたができず、HDDを交換しても再インストールできず。その内起動も出来なくなった。 (マウスコンピュータ BTO 茨城県桜川市 2012年7月)


Mousecomputer3

診断にてCPU交換しても変わらず、メモリー外してもエラーにならない(そこまでPOSTが進んでいない)、C-MOSクリアでも変わらず、電源をテスト用のものと交換したら起動できる様になった。電源不良と判明。電源(中古稼動品・Enhance ENP-2320 200W)を取り寄せて交換実施。

Mousecomputer1

電源が入りBIOS画面を確認。ハードディスクは空のものが搭載されていたので、BIOSまでの確認で終了。

Mousecomputer2


●5例目
自作PCで24時間稼働していたが、先日知らない間に電源断となっていた。その後電源SW投入するも、CPUファンが1秒程度回るだけで電源がすぐに落ちてしまう。電源ユニットを新品に交換してみたが症状は変わらず。BIOSまでたどりつかずです。(自作 東京都府中市 2012年7月)


診断の結果、CPUクーラーの埃詰り及び取り付け不良と判明。

Jisaku1207p51

電源が落ちたのは埃詰りの影響か、CPUクーラーが密着していなかったためにCPUの温度が上がり、保護回路が働いたためと思われます。

Jisaku1207p52

CPUクーラーの分解清掃。内部清掃。CPUグリス塗布。CPUクーラー取り付けなおし。作業後起動確認実施。

Jisaku1207p53


Jisaku1207p54



BIOS画面確認。OSが入っていなかったので、BIOSまでの確認で終了。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

■一体型デスクトップパソコンの液晶割れ修理例(NEC PC-VN770WG6R、NEC PC-VN770AS6B-R、富士通 ESPRIMO FH56/DD

こんにちは。最近20インチの一体型パソコンの液晶割れ修理のご依頼が多いです。あの形って倒れ易いですよね。sad


1.PCが液晶面から転倒し、転倒時にマウスを挟んでしまい液晶中央部にひび割れが生じました。(NEC VALUESTAR N VN770/WG6R 東京都日野市)

Pcvn770wg6r1
裏蓋を外すと中身が現れます。全ての部品がオールインワン状態。
数十本のネジで取り付けられているので全部外して取り去ると液晶
が現れます。

Pcvn770wg6r2
取り外した液晶と交換用の液晶を並べたところ。

Pcvn770wg6r3
交換後のデスクトップの様子。


2.(法人様から取引先の方から)液晶割れの修理を依頼された。(NEC VALUESTAR N VN770/AS6B 大分県佐伯市)上の例とほぼ同じ機種。

Pcvn770as6b1
破損状態。明るい所だと下半分だけに見える。

Pcvn770as6b2
暗い状態だと上の部分も割れているのが判る。

Pcvn770as6b3
交換後の状態。



3.液晶一体型パソコンを倒してしまい液晶が割れました。(富士通 ESPRIMO FH56/DD 北海道岩見沢市)

Fmv56ddwy1
左側半分が割れています。

Fmv56ddwy2
裏蓋を外した所、富士通のパソコンも殆ど変わりませんが、分解は若干面倒です。

Fmv56ddwy3
交換後の画面。

4.PCが転倒した時に、パネルとの間に物が挟まり液晶パネルが割れてしまいました。動作確認しましたが普通に動いています。(NEC VALUESTAR N VN770/WG6B 大阪府大阪市)

Pcvn770wg6b1
真ん中辺りを中心に割れています。倒してハッと思い、起こして画面を見た時のショックが感じられます。

Pcvn770wg6b2
交換後の画面。綺麗に直ります。


5.パソコンが倒れ、スタンドマイクとキーボードに当たった所が液晶割れを起こした。(富士通 ESPRIMO FH54/DT 徳島県徳島市)

Fmv54dtw1
・・・・・・・・・。

Fmv54dtw2_2
!!!!!。 

格安で修理してます。修理代+部品代で3万円代です。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

■ACアダプターから給電されない。電源ジャック以外に原因があったケース。(panasonic Let'snote CF-T2、NEC LaVie LJ750/J)

こんにちは。久しぶりの投稿です。早いもので、今年ももうじき夏本番を迎えようとしています。梅雨の時期ではありますが、関東は今日まで梅雨の中休み、明日から梅雨空が戻るらしいですが、ここ数日間でジリジリと気温が上昇し晴れた日は厳しい夏の暑さを感じます。

さて今回は、ACアダプターから給電されない症状で電源ジャック以外に原因があった事例です。

最初はLet'snote CF-T2でご依頼内容は「ACアダプターの差込口がグラつき、コネクターが動く度に通電されたりしなかったりして安定しない状態です。アダプターは中古ですが購入したばかりのものです。」という内容でした。

診断の結果、電源ジャックのワイヤーハーネスが断線していると確認しましたので、電源ジャックをワイヤーごと交換しました。

Cft2ac

ところが、元のACアダプターでは通電せず。試しに当店の備品のACアダプターを使用したところ正常に通電しました。念のため、交換前の電源ジャックを再度導通テストして見ましたがやはり、導通したり切れたりしているので断線しかかりの状態でジャック自体は不良で間違いなく。ACアダプターのにも問題があったと判明しました。

「購入したばかりのもの」という事で若干チェックが甘くなったのかも知れません。ACアダプターを買い換えて頂ければ、済む話ではありますが、お客様自身も中古とは言え購入したばかりのACアダプターが不良であったという事実にショックを受けていて、「もし今度購入したアダプターも不良だったら・・・」という不安を持たれた様子でした。そこで、診断でACアダプター不良を見落としたという落ち度もあったので、特別に無保証という事でアダプターを無償修理しました。

シールド線がプラグの根元付近で殆ど切れていたので、プラス線もカットして若干短めにして、双方を半田付け後エポキシで絶縁し上から布テープを巻いて完了。通電テストもOK!。

Cft2ac2

Cft2ac3

Cft2ac4

次はLaVie LJ750/Jです。ご依頼内容は「ACアダプターからの通電が非常にできにくくなっている。本体に差し込んだプラグを少し引抜き気味にしたり、ゆっくり回転させたりしていると繋がることがある。その状態でそっとしておくと通電状態が保たれることが多い。恐らく本体の受け側が損傷しているものと思われるが詳細は不明です。」という内容。


診断の結果、本体受け側には問題が無く、ACアダプターから電源ジャックに入っているケーブルがプラス端子とマイナス端子がショートしていると判明。アダプターは保護回路が働いて破損は免れている模様。このアダプターの出力コードは、アダプターの出力部分にもジャックがあり、パソコン本体との間は両端にプラグが付いているコードが使用されています。最初は単に断線で電圧が出ていないのかと思いましたが、アダプターの出力も最初は出ていませんでした。プラスとマイナス間を測定したら導通していたため、ACアダプターの保護回路が働いて、電圧がカットされていたと判明。コードを外して直にアダプターの出力電圧を測定すると正常と確認できました。


疑わしい側のプラグをカッターで開いて見たら、シールドとプラスの線が分かれる部分でプラスの銅線にシールド線がモロに触れていました。分離して、プラスの銅線部分をエポキシで絶縁しました。また、プラグをエポキシで固めて、布テープを貼って補修。ショートが無くなったので、ACアダプターをパソコンに繋いで見たところ正常に通電する事が確認できました。

Lj750j1

Lj750j2

Lj750j3

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

twitter