最近のトラックバック

« 2012年8月 | トップページ | 2013年5月 »

2012年11月

■一体型デスクトップパソコンの液晶割れ修理例 その2(SONY VAIO  VPCJ128FJ (PCG-11211N) 組立て解説付き)

こんにちは。今回はVAIOの21.5インチワイド液晶の交換修理です。組立て解説付きです。液晶割れ。(茨城県ひたちなか市 2012年10月)

Pcg11211n1


このパソコンの液晶交換は今回初めてで、交換実績のある富士通製やNEC製の一体型パソコンとは勝手が違い分解に手子摺りました。表面のネジは全て取り外して、殻割をしようとしたのですが、全く開けられず。どなたか分解方法を公開していないかと探して見ましたが、情報が少なく。一人だけ液晶を交換した方がさらっと分解して液晶を交換したという記事を書かれていましたので、取り合えず分解はできるのだと言う事が判りましたが、はっきり言って素直には分解出来ない様です。


それでもなんとか分解し、液晶を交換しましたので組立ての解説を掲載します。もし、この機種を分解される方がいたらこの解説を参考にすれば分解できます。


Pcg11211n2

1.LCDケーブルを液晶に取り付けます。


Pcg11211n3a

Pcg11211n3b
2.液晶パネルの左右に取り付けステーをネジ留めします。


Pcg11211n4a

Pcg11211n4b
3.液晶パネルをパソコン本体に載せますが、バックライトケーブルとLCDケーブルを穴通してマザーボードに引っ張ります。(写真はうまく撮れませんでした。)


Pcg11211n5a

Pcg11211n5b

Pcg11211n5c
4.マザーボード側から液晶パネルを3箇所ネジで止めます。


Pcg11211n6a

Pcg11211n6b

Pcg11211n6c
5.液晶パネル側から左右3箇所ずつ計6箇所をネジ止めします。


Pcg11211n7a

Pcg11211n7b

Pcg11211n7c
6.バックライトのケーブルをインバーターに取り付けますが、下のケーブルはB-CASカードの下を通すので、一旦B-CASカードを外します。その下にある透明のプラスティックのカバーも2箇所のネジを外して取り除きます。バックライトケーブルを通してインバーターに接続してから、透明のプラスティックケースを取り付けてネジ止めし、B-CASカードを戻します。


Pcg11211n8

7.上部のバックライトケーブルをインバーターに接続します。


Pcg11211n9

8.LCDケーブルをコネクターに差し込んで左右のネジで固定します。


Pcg11211n10

9.裏返して液晶のベゼル(本体の表カバー)を嵌め込みます。


Pcg11211n11

10.また裏返して、マザーボードに金属板を被せてネジ止めします。


Pcg11211n12a

Pcg11211n12b 
11.先程嵌め込んだ液晶のベゼル(本体表カバー)をマザーボード側からネジ止めします


Pcg11211n13a

Pcg11211n13b

Pcg11211n13c

Pcg11211n15_2
12.本体の裏カバーを嵌め込んでネジ止めします。


Pcg11211n14

13.ブルーレイドライブを取り付けます。


Pcg11211n16

14.スタンドを嵌め込んでネジ止めします。


Pcg11211n17

15.メモリーの蓋を取り付けます。


Pcg11211n18

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

■緊急投稿 ヤマト運輸は運送のプロ?

サウスプロジェクトチームでは、サービスの一環としてヤマト運輸の「パソコン宅急便」の集荷依頼の代行サービスを行っています。


このサービスは、修理を依頼される方がパソコンを送るのに適当な箱が無いとか梱包の仕方がわからないといった場合にご本人の代わりにヤマト運輸へのパソコン宅急便の集荷を依頼するというもので、特にヤマト運輸さんと契約をしているという訳ではありません。(発送については契約していますが)


パソコン宅急便の集荷サービスはパソコン運搬専用の箱を持参し組立てて梱包して集荷するサービスという事で、運搬時の事故などでの破損も補償してくれます。(規定はありますが)もし、運搬途中で破損などしたら弁償する責任があるので、梱包もきちっとしているものだと信じていました。


ところが、本日修理に取り掛かったパソコンの開梱をしたら、本体、ACアダプター、キーボード、マウスがそのままで、重なってダンボールに貼ったビニールフィルムに挟まれた状態で、出てきました。(パソコンBOXC:2つのダンボール製の枠にビニールのフィルムを張って、この間にパソコンを置くことで周囲から浮いた状態になり衝撃が伝わらない構造になっている。)確かにお客様はそのまま渡したかも知れませんが、「これってプロの仕事か?」と驚きました。お客様が梱包したなら仕方が無いが、プロの運送業者に集荷(と梱包)を依頼してこのザマはなんだと呆れてしまいました。「このままだと動くかも知れないし、中のものがぶつかって破損するかも知れないので何かで保護した方が良いですよ。」くらいのアドバイスをしても罰は当たらないだろうと思いますが・・・。そのまま運ぶんだね~。荷物をぞんざいに扱ってるんじゃないの?


全てのヤマト運輸のドライバーがそうではないと思います。多分プロ意識を持っている大勢の中にいい加減な人間もいるという事ですね。


今後もパソコン宅急便自体は利用すると思いますが、お客様にはパソコンはエアキャップなどで包んで保護してから渡す様に勧める事にします。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

■今月実施したキートップが外れてしまった故障の修理2例。(DELL Inspiron 15、Acer Aspire One D257-RR512)

実は10月に掲載するつもりでしたが、記事が書けないまま10月が終わってしまいましたので、表題の「今月」は「先月」の誤りです。ところで、修理のご依頼を受ける時にご依頼者様の名前、パソコンの機種、故障の症状などが重なる事が良くあります。非常に不思議ですが本当に続くことが多いのです。


今回の事例も「キーボードの「G」と「H」のキートップが外れてしまい、取り付けられなくなりました。部品は全て手元にあり、破損はしていないと思われます。」(東京都大田区 2012年10月19日)と「右のシフトキーのキートップが取れてしまいました。見たところ部品は欠けているとは思えませんが、わからないところで部品が破損している可能性もあります。」(千葉県流山市 2012年10月21日)で定休日を挟んで続けざまにキートップが外れた症状の修理依頼が来ました。


1件目は、お持込みでした。上り坂を15分掛かって徒歩で来られました。パソコンをお預かりし、近所の「フルーツパーク」という公共施設へ散歩に行って頂いて、その間に30分程掛けて修理作業実施。パンタグラフを構成する部品が外れてしまっていたので、一旦取り外し嵌め込んでからキーボードに戻し、その上からキートップを取り付けて完了。


2件目は、郵送でした。キートップの取り付け作業は、パソコンが届いた日に優先的に実施しています。こちらもパンタグラフの交差部分が外れてしまっていたので、パンタグラフの交差部分を嵌め込みました。

Aod257rr5121
問題の右側シフトキーです。

Aod257rr5122
キートップをひっくり返したところ。

Aod257rr5123
パンタグラフを外してみると、交差部分(赤丸)が外れています。

Aod257rr5124
交差部分を嵌め込みました。

また、キーボード側取り付け部分金具も(上から無理矢理嵌め込もうと押し込んだのでしょう。)押されて潰れて広がっていたので、金具の曲がりを調整しキートップを取り付けました。金具の位置あわせは完全には元に戻らないので、若干傾斜があるが使用上問題ない程度に修復しました。

Aod257rr5125
完了後のキーボード

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

■こんな直し方もありでしょう。ACアダプターから給電されない。(NEC PC-LL750CS6C)

こんにちは。今回はまた訳が判らない故障で、ハードかソフトか悩みました。
症状は「ノートPCのACアダプターを繋げていても、たまに充電量が減っていくことがあります。」(東京都練馬区 2012年7月)


「また、充電量が減っているときにACアダプターを繋げていても、充電ランプがつく場合とつかない場合があります。1度、2次電池を外して、ACアダプタのみで立ち上げたら、立ち上がったけど、数分後突然電源が落ちたこともあります。購入したPCショップで確認してもらったら、ACアダプターは問題ないと言われました。メーカーで修理見積りしたら、マザーとHDD交換ということで、8万円ということで、修理断念しました。いろいろHPを見ていたら、ACアダプターをつなぐ部分のPC側のコネクターの異常ではないかと思っています。メーカー修理ではHDDも交換ということでしたが、うまく充電できている状態の時に、立ち上げると、HDDは問題ないように思います。また、必要なデーターは取り出してあります。PC内部のアダプタ部の修理をお願いします。」


「PC内部のアダプタ部」というより「PC側のコネクタ部分」の不良を疑っての修理のご依頼でしたが、解決するまで長くかかりました。ACアダプターを挿して、様子を見ていたらタスクバーの表示が“AC電源+バッテリー”のアイコンから“バッテリー駆動”アイコンに切り替わり、その後はバッテリー駆動のままとなってしまいました。

Ll750cs6c1


電源ジャックを挿して、MB側でテスターで正常に電圧が出ている事を確認した状態で、バッテリーに充電できず。つまりPC側コネクタ部は原因では無いという事です。また電源を入れるとバッテリー駆動の状態になる。ここで一旦マザーボード側に問題ありと判断。DCINと充電部分のコンデンサをチェックするも不良部品は見つからず、C-MOSクリアすると充電出来る様になるのがわかったのですが、更に電源を落とした状態の時は、C-MOSクリアをしなくてもACアダプターのプラグを挿してしばらく放っておくと充電が開始される事も判明。充電されている状態でWindowsを起動するとACアダプターからの給電状態からバッテリー駆動に切り替わりました。Windowsが悪いのか???

Ll750cs6c3


では、他のOSではどうかを試してみることに。KNOPPIXでは充電状態から起動しても全く問題が無い様で、充電中からフル充電になって充電ランプは消えるがAC給電のままでありました。Windowsが壊れているのかと初期化をして見ましたが症状は変わらず。基板チェックしても不良部品は見つからず。フル充電状態でWindowsを起動してみると、AC給電を保っていたが、30分ほどでバッテリー駆動に切り替わった。うーん。ハードなのかソフトなのか???

Ll750cs6c2


バッテリー駆動になるとACアダプターを繋いでもACアダプターの給電には切り替わらず、C-MOSクリアを行うと切り替わる事からBIOSが関係している可能性があると推測し、マザーボード交換しかないか・・・・・・・。


・・・・・が最後の手段として、あるソフトウェアをインストールしたところ、AC給電状態でバッテリー駆動に切り替わる症状が消滅しました。このソフトはバッテリーとACの切り替えなどBIOSに近い部分を直接コントロールしていると思われます。故障状況としては、BIOSが壊れているか何かで、バッテリーがフル充電になるとACアダプターからの給電をカットしてしまう様な状態になってしまっているのだろうと予測でき、その状態をソフトで回避できる事が判りました。(と言う事はハードは壊れていないのではないかな?)BIOSの入替えも考えましたがネット上で見つからず、リスクも高いので回避策で終了としました。マザーボード交換だと3-4万円というところかなり安く済みました。もちろんHDDも交換する必要なし。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« 2012年8月 | トップページ | 2013年5月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットC
  • ウィジェットB
  • ウィジェットA