最近のトラックバック

Amazon ウィジェット

  • ウィジェットA

« 2015年1月 | トップページ

2017年7月

■ココログのサイトをGoogleのウェブマスターツールへ登録

こんにちは。管理人です。

今まではハンドルネーム「ダイヒョー」でしたが、今回から「管理人」に変更します。

サウスプロジェクトチームのホームページのドメインやサーバは自営しているので検索エンジンへのサイトマップの登録などは行っていましたが、ブログについてはココログのリソースを拝借しているという意識があったので、検索エンジンへの登録は全く考えていませんでした。

記事の作成に関係するツールやアクセス解析など一部の機能しか使ってなかったので、ファイルマネージャを使用してファイルを直接ホームフォルダにアップロードできるとは思いませんでした。それほど驚くほどの事では無いかもしれませんが、思い込みからの勘違いですね。前置きはここまでとして・・・・。今回ココログのホームページとサイトマップを、Googleのウェブマスターツールに登録して見ました。登録方法を解説されているページはたくさんありますが、実際には手順が複雑で分かりにくいので、少し補足した方が分かりやすいと思いまして記事にした次第です。

まずは、Googleのウェブマスターツール(旧名称。現行はSearch Console)への登録ですが、ウェブマスターツールのページを開き、登録したGoogleアカウントとパスワードでログインします。

ログインページで「プロパティを追加」ボタンをクリックして、ポップアップされたウィンドウの四角の中に登録したいココログのホームフォルダ名を(http://を除いて入力する。例:saws-project.cocolog-nifty.com)入力して、「追加」ボタンをクリックします。

Photo

続けて登録したホームページの所有権を確認する手順に移ります。「お勧めの方法」を選んで所有権を確認する手順の1を実行します。

確認ファイル(例:googled4adabf065f748e4.html)を分かりやすいフォルダにダウンロードします。ここまではSearch Consoleで作業します。

所有権を確認する手順の2を実行します。この作業はココログのホームページでの作業です。ダウンロードしたファイルをココログのファイルマネージャでホームフォルダにアップロードします。ファイルマネージャは「コントロールパネル」「ファイル」にあります。右の「新規ファイルのアップロード」で「ファイルを選択」ボタンをクリックし、先ほどダウンロードした確認ファイルを選択し、「アップロード」ボタンをクリックするとアップロードされますが、事前に左側の「現在のフォルダ」が「ホーム」になっている事を確認して下さい。

Photo_2

次にSearch Consoleに戻って所有権を確認する手順の3を実行します。手順3ではブラウザで登録したホームページの確認ファイルへのリンクが手順の文章中に貼ってありますのでクリックします。別タブで確認ファイルが開かれますが、確認作業自体は直前のSearch Consoleのタブに戻って「確認」ボタンをクリックします。所有権の確認が完了します。

続けてサイトマップをアップロードします。先にココログのホームページでサイトマップファイルが存在する事を確認します。先ほどのファイルマネージャのページで、左側のファイル一覧の中からblogフォルダをクリックします。展開された一覧の下の方にサイトマップファイル(例:sitemap.xml)がある事を確認します。(確認だけできれば良いです。)

2_2

次にSearch Consoleに戻って左側のメニューから「クロール」をクリックして展開した中から「サイトマップ」をクリックします。次に右側の「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックすると「サイトマップの追加/テスト」ウィンドウが表示されるので、ホームフォルダに続けて四角の中に「blog/sitemap.xml」を入力し、「テスト」ボタンをクリックします。

1

テスト結果の表示画面に代わります。「テストを閉じる」ボタンをクリックします。

2

問題が無ければ「サイトマップの追加/テスト」ウィンドウで「送信」ボタンをクリックするとサイトマップがアップロードされます。

3

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

■パソコンの埃対策についてまとめました。

こんにちは。かなり久々の投稿になります。

これまでいくつかのブログ記事で取り上げたパソコンの埃対策について、まとめてみました。

1.パソコンの構造と埃の堆積

パソコンの心臓部であるCPUはかなり発熱する部品で、高機能なCPUが開発される度に発熱量はどんどん上がってしまいました。発生した熱は外に逃がさないとパソコンは壊れてしまいます。そのため、CPUに放熱用の冷却ユニットを取り付けて、奪った熱を冷却ファンを回して排熱しているのです。

特にノートパソコンの場合は、熱伝導率の高いヒートパイプなどの冷却ユニットをCPUやGPUに接触させて、そこで奪った熱をファンを回して風を起こし、パソコンの外へ逃がしているのです。

Heatpipe

強制的に排気している訳ですが、閉ざされた箱(パソコン)の中の空気を排出すると中の気圧が下がります(負圧状態)。パソコン内の気圧が下がり気圧差が生じると、外部の空気があらゆる隙間からパソコン内部に流れ込むのです。その空気の流れには当然埃も含まれています。そして入ってきた埃はそのまま出て行く訳ではなく、パソコン内部のあちこちに堆積していくのです。この様にパソコンはその構造上、埃が溜まりやすくなっているのです。

空気の通り道には、先ほどの冷却ユニットがありますが、空気によって冷やす(空冷)ため、排気口付近には冷却フィンという薄い金属板を何枚も縦にスリット状に並べた部品があります。ここを空気が通る事により熱を奪い、冷却するのですが、空気が運んできた埃がこの狭い場所に徐々に堆積していくと、その内には冷却フィンのスリットの中に詰まったり、表面にフェルト状に溜まり、空気の通り道を塞ぐ様になります。

Afterthink

Beforethink

また、細かい塵は冷却ファンの回転軸の中まで入って、ファンの回転の障害となります。今自分のパソコンのCPUファン部分がどうなっているのかは、伺い知ることができませんが、「最近ファンが四六時中回転している。」とか「ファンから異音がする。うるさくなった。」とか「パソコンがいつも熱い。」など埃の堆積に起因する症状から判断する事は可能です。

2.埃の堆積による故障

異音がするのにずーと放って置いて、ついにファンが回らなくなってから修理に出す方がいますが、ここまで来ると大抵は回転軸が磨耗しているので、クリーニングだけでは直らず、交換修理になります。(クリーニングで一旦直っても再発する場合が多く、基本的には交換修理を推奨しています。)

ファンだけの問題ではなく、十分な排熱が出来ないと、パソコン内部の温度が上がり、基板回路にダメージを与える事があります。CPUは保護回路がついていますので、内部の温度が高温になると電源を落とす機能が働きますが、この保護回路が付いていてもGPUは壊れてしまう事があります。

GPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)はパソコンの画像処理を受け持つ部品で表示関係をCPUから独立させてより高度で高速な画像を表示させるためのものです。こちらの部品もかなり発熱します。CPUの温度が、限界になる前にGPUの温度が限界を超えてしまい壊れるというトラブルは珍しくありません。

Cpu_gpu

3.埃対策について

定期的に分解・清掃をするのが一番ですが、ノートパソコンは裏蓋を外すとCPUファンが取り外せる機種もありますが、多少でも分解組み立て作業に自信が無いと難しいです。また全部分解してマザーボードを外さないと掃除できない機種も多いので、応急的ではありますが埃が余り溜まらない内にパソコンの電源を落として排気口からエアーダスターで埃を吹き飛ばすという方法になると思います。埃を奥に押し込んで散らす事になるので、いずれまた排気口に溜まってきますが、溜まったままにしておくよりは故障に至るリスクは減ります。

次にデスクトップパソコンですが、こちらは排気口からエアーダスターで埃を吹き飛ばすという訳には行かないのですが、ノートパソコンに比べると分解は簡単です。蓋を開けて中を覗くとCPUファン或いはヒートシンクがCPUの上にセットされている場合が多いです。清掃するには一旦外す必要があります。また、電源も筐体内に設置されておりほとんどのケースで電源内部も埃が詰まっています。電源は分解しないと埃の除去はできません。デスクトップの場合も中に埃が溜まると掃除は大変です。対策としては、埃が入らない様にするという事になります。

Desktopfan

Dengen

以前修理のご依頼を受けたお客様にパソコンの中に埃が入らない様にできないかと相談された事がありました。使用されているパソコンが工場内に設置されているので、粉塵が舞う事もあり環境が悪い状態で使用しているとの事でしたので、電気店で売っているエアコンや空気清浄機などのフィルター(不織布など)をパソコンの空気の吸入口に貼り付ける方法を提案したところ、良い結果が得られたとの事でしたので、デスクトップの埃対策はフィルター貼り付けをお勧めします。

記事:ダイヒョー

「ぱそこん修理屋のぼやき」

パソコン修理は「サウスプロジェクトチーム」

« 2015年1月 | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

twitter